For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Sunday, November 10, 2019

11.13.2019 パレスチナのアグロエコロジスト、サアドさんといく四井さん家のパーマカルチャー実験農場

しあわせの経済国際フォーラムが終わった〜
体験をこらから数週間消化しながら
これからどうこのムーブメントを
育むかを考えていこうと思う

しあわせの経済を応援してくれた人
実践している人
はじめて会った人
再会できた仲間たちに感謝!

一緒にこの場を育んだ仲間と
圧倒されている僕を養生してくれた人達に
大大大感謝!!!!!!!!!
おかげさまでここまでやってこれている
仲間って大事!

しあわせの経済国際フォーラム関係の
イベントが1〜2週間続くので
海外ゲストなどの話を聞きたい人や
仲間を探している人はぜひイベントへ!
イベント一覧FBページ

 その中でオススメのイベント(全部だけど)

パレスチナのアグロエコロジスト サアドさんといく 
四井さん家のパーマカルチャー実験農場in 八ヶ岳


パレスチナのサアドさんはとっても
やさしさのオーラがある素敵な人
パレスチナのような過酷な状況のなか
生態系を再生しながら
人と大地をつなげる活動を実践している
共生革命家!

僕もずっとパレスチナが気になっていて
今回、サアドさんともう一人
サミー(パレスチナのガンジー?)と会って
パレスチナに近々行くことの気持が高まってきた

サアドさんが急遽
パーマカルチャーをずっと日本で実践してきた
四井さんの実験農場へ行くことになった。
僕はまだ行ったことがないけど
パーマカルチャーデザインナーとしては
四井さんはトップクラスの技術がある人だと
聞いている

木更津でAP Bankの小林武史さんと
クルックフィールズという大プロジェクトを
手がけている

僕はいすみ市で
マイケルシューマンのローカル経済のイベントを
同じ日にやるので行けないけど
来年のどこかで四井さんの実践の場に
行きたいと思っている
パレスチナも。。。。。。

Check it out!


ーーーーーーーーー


ナマクラ的遠足!
『パレスチナのアグロエコロジスト サアドさんといく 
四井さん家のパーマカルチャー実験農場in 八ヶ岳 』
主催者: ナマケモノ倶楽部

サアドさんと山梨の北杜市にパーマカルチャー的ライフスタイルを
※四井家、現地集合になります。
説明    12:30-12:40
ランチ   12:40-13:30
ソイルデザインパーマカルチャーツアー 14:00-16:30
振り返り 16:30-17:00
解散  17:00

当日のランチ:
かまどで炊いたご飯の一汁一菜

参加費
大人3,500円 お子様1500円 (一汁一菜付)
定員:12人
会場:ソイルデザイン
住所:山梨県北杜市長坂町中丸1659
当日の連絡先:O8O43510821
申し込み:
taka.avalokite(a)gmail.com
 
個人メールになります。
件名に『11/13 四井さん宅遠足』とご記入ください。

各自自家用車のご利用でも駐車場のご用意も可能ですが、
公共交通機関ご利用の方は以下ご参照ください。
長坂高根バス停が最寄りとなります。

JR中央線 長坂駅

目印として四井さん宅の横の施設がグリーンヒルズ八ヶ岳です。
 
家族でしている四井さんのお宅に、いっしょにいきませんか?
パレスチナのアグロエコロジスト、サアドさんとともに、四井さんのパーマカルチャー農場を堪能しましょう!

一見は百聞にしかず。

持続可能な生活。
みんなの自宅でも実践できるヒントをたくさん見つけて話し合いましょ🎶

【プロフィール】

サアド・ダゲールさん
アグロエコロジスト、農民、環境運動家。国際エコビレッジネットワーク(GEN)アンバサダー。レイキ師範。パレスチナにアグロエコロジーを紹介、現在仲間とエコ農場を営む。
25年間、アグロエコロジーに関する取り組みに従事。百姓、養蜂を営む。「Ma’azuza」(人間的な農場の意味)を設立。15年前、パレスチナにアグロエコロジーという思想を紹介し、パレスチナのウェストバンクにエコビレッジを設立。 パートナーシップを意味する「Shraka」のメンバーとして、パレスチナにおける産直に取り組む。その取り組みを発展させ、パレスチナ初のコミュニティ協同農場を設立。



四井真治 Soil Design 

信州大学農学部森林科学科卒業。緑化会社、農業経営、有機肥料会社勤務を経て2001年に独立。

土壌管理コンサルタント、パーマカルチャーデザインを主業務としたソイルデザインを立ち上げ、愛知万博のガーデンのデザインや長崎県五島列島の限界集落再生プロジェクトなどに携わる。

日本文化の継承を取り入れた暮らしの仕組みを提案するパーマカルチャーデザイナーとして、国内外で活動。

No comments:

Post a Comment