For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Friday, December 9, 2016

12.9.2016 パーマカルチャーと平和道場の応援イベント!in Tokyo

(メーリスに投稿したもの)

 
ハロー
今、かなり濃い共生革命家合宿をやっているよ〜
最初は、カオスすぎて自分の限界をためされたけど
今は絶好調(まだ疲れているけど)。
でもカオスは好き。
やっぱり現実は結構カオスだからね。。。

しかも、お祝いがあります!
なんとinboxの未読数10000メール!!!!
メールの豊富さに溺れている。
返事していない人、どうもすみません。

さて、みんなに是非応援して欲しい
パーマカルチャーと平和道場!
その紹介と応援イベントと東京でやるよ。

情報拡散大歓迎!

以下、Greenz.jpより
【イベント】12/19(月)ほしい暮らしは、つくろう ソーヤー海 x 鈴木菜央 対談&ワークショップ「”消費者”から”文化の創造者”になるには?」
自然とつながり、自らの手で暮らしをつくる。
これからの時代を生きるのに必要な技術を学ぶ「パーマカルチャーと平和道場」を千葉県いすみ市につくろうとしている東京アーバンパーマカルチャー主催のソーヤー海とgreenz.jp編集長 鈴木菜央が対談します。
さらに「消費者」から「文化の創造者」になるワークショップや、文化の創造者の第一歩になれる、もちよりご飯(ポットラック)もやるよ!
〜こんな人にオススメ!〜
・パーマカルチャーに興味がある!
・プロジェクトについて知りたい!応援したい!
・コミュニティ作りに興味がある!
・『平和』という言葉にピンとくる
・自然が好き!農的な暮らしがしたい!
・身体に優しい美味しい物が食べたい!
ソーヤー海 x 鈴木菜央 対談&ワークショップ「”消費者”から”文化の創造者”になるには?
【日時】
 2016年12月19日(月)19:00 〜 21:30(受付18:45 〜) 【会場】
 Impact HUB Tokyo
【参加料】
 会場費1,000円+ドネーション
 ※ドネーションについては、東京アーバンパーマカルチャーの『費用の理念』をご覧ください。
【持ち物】
 ポットラック(持ち寄りごはん)、マイ箸・皿・コップ
 ※シェアしたい、ギブしたい、自然でやさしいものを持ち寄りください
【申込み先】
 Facebookページに参加表明でOK!ドタ参歓迎!!!途中参加可能!!
【ウェブサイト】
 詳細はこちら


--
When you understand, you love. And when you love, you naturally act in a way that can relieve the suffering of people. -Thay (TNH)

Farming is a way of life in which one constantly reaffirms the source of life. - Fukuoka Masanobu

Work is energy. Two crises of our times are intimately connected — the climate crisis and the unemployment crisis.....To make the energy transition beyond oil, we need to bring people back into the economy, bring human energy back into production, respect physical work, and give it dignity. - Vandana Shiva

Monday, December 5, 2016

【年末年始のスケジュール】 2016~2017

年末年始の僕の動き
これ以外は4月までやらないよ〜
最近、生きる活動(生活)の練習を始めたから
ワークショップやイベントの数をダウンシフトしている
アクティビスト向けの長い企画やツアーを
増やしているのもあるけど。。。道場も。。。

12月5〜12日 共生革命家リトリート(共感コミュニケーション合宿)第二回
今回は鹿児島のアクティビスト仲間テンダーや世太君と企画して、三宅洋平君などが来るかも!めっちゃ濃い。(第一回目の告知:内容はこんな感じ)。

12月16日 安納けんさんと共感コミュニケーションWS(東京)
12月20日 共感コミュニケーションWS(東京)

12月19日 パーマカルチャーと平和道場(TUP道場)のクラウドファンディングイベント!!!(Impact Hub Tokyo)

12月25日〜1月1日 毎年恒例のタイ・プラムビレッジ・リトリート
今年は日本人が40人ほど来るとか!(去年の案内はここ

1月14〜18日 NELIS世界大会@関西
1月19〜21日 関西でワークショップしようか検討中(どうしようかな〜)

2月15〜27日 オーストラリアに行くのでワークショップをする予定

3月5〜22日 第93回ピースボートでワークショップ!

4月11〜16日 共生革命家リトリート(非暴力コミュニケーション合宿)

5月3〜6日 プラムビレッジ・マインドフルネス・リトリート(富士山?で)


【2017年のプラン】


6月 サティッシュと過ごすシューマッハカレッジ・ツアー第二回!
前回のツアーが好評でサティッシュにまた誘われました。
前後でフィンドホーンやプラムビレッジに行くかも

9月頃 人生を変えるパーマカルチャーツアー第五回

10月 Bioneersとカリフォルニア・パーマカルチャーツアー第二回
(えりちゃん企画)

11月 世界平和実現(もうちょっと時間かかるか?)

12月25〜1月1日 タイ・プラムビレッジ・リトリート


日程調整中
・PAWA パーマカルチャー・デザイン・コース第二回(2週間)
・TUP道場でアドバンスド・デザイン・コース(中上級コース)
・TUP道場の様々なワークショップやイベント

Thursday, December 1, 2016

【明日】12.2.2016 御茶ノ水女子大で「恐れではなく、愛に動かされる生きかた」イベントするよ



忘れてた〜
オープンイベントなので
来れる方は自由に参加してね。

今年はこのイベントを含めて
WS・イベント残り4回。

そしたら、4月まで基本的にお休み。

明日のイベントの詳細は
http://www.ocha.ac.jp/intl/ocgl/global/workshop.html#WS


TV出演なども多いって書いているけど
まだ、一度も出演してないよ〜
イメージなのかな?


日時    2016年 12月2日(金曜日) 17:00~18:30  
会場    大学本館 306室
使用言語    英語・日本語
講師    ソーヤー 海 ・ 鈴木 栄里
              (東京アーバンパーマカルチャー http://www.tokyourbanpermaculture.com/ 主催者)


東京アーバンパーマカルチャー主催者のソーヤー海さんと鈴木栄里さんをお迎えします!!
英語ネイティブで日英バイリンガルのソーヤーさんと、やはりバイリンガルの鈴木さんで、英語・日本語での楽しいトークを展開いただきます。

「都市からおこるやさしい革命」東京アーバンパーマカルチャーの活動に興味ある方、英語力アップをめざす方、ただ「面白そう」と思った方、みなさんぜひご参加ください!!

<参考>
ソーヤー海さんTED出演の動画(英語)
https://www.youtube.com/watch?v=Kn6FUwzzo_0
ソーヤー海さん・鈴木栄里さんのインタビュー記事
http://greenz.jp/2015/07/16/giftecology/



★講演内容: 「恐れではなく、愛に動かされる生きかた」
「生きる」ってどういうこと?
何を一番大切にして生きたい?

そんな問いを深く見つめながら
みんなが大事にされる社会を目指す
【東京アーバンパーマカルチャー】の世界を紹介します。

マザーテレサやガンジー、
アウンサンスーチーやマララ・ユスフザイの様に
お金ではなく愛のために人生を捧げる人々と
共に活動する生き方をお伝えしたいと思います。
Be the change you wish to see in the world!

☆講師略歴
【ソーヤー 海】
共生革命家。東京出身、太平洋沿い育ち。カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校(UCSC)でサステナビリティー教育を学生と共に設立し、その後、意識を深めるためにコスタリカのジャングルに移住。現在、東京で都会型パーマカルチャーと共感コミュニケーションなどを教えている。ギフトエコノミー(与え合いの生態系)で成り立つ「東京アーバンパーマカルチャー(TUP)」を主宰、全ての命が大事にされ、みなが活かされる文化を創造中。 

【鈴木 栄里】
1982年生まれ、浜松市出身。もと「鯨類の音響・行動研究者」
、もと「生物講師+夏のキャンプの先生」。

  世界一周旅行中、サティシュ・クマールの概念 「Soil, Soul, Society」と出会い衝撃を受け、それらを軸とした社会の実現を目指し活動を始める。

  Impact Hub Kyotoの立ち上げ, NPO法人ミラツクの研究員を経て、現在カリフォルニア州バークレーを拠点にCross Pollinator として活動中。

  ミツバチのように、アメリカ西海岸と日本を中心に、新たな社会モデルやアイデア、それを実践しているコミュニティーを発掘し、インスピレーションの花粉を運び回ることで、これまでになかった新しい種を生んでくことをミッションとする。
 
  Cross Pollinators 主宰.  https://www.crosspollinators.org/ja/
  Edible Media 代表.
  東京アーバンパーマカルチャー アドバイザーチーム.
  エディブルスクールヤードジャパン チーフアンバサダー


Wednesday, November 30, 2016

【社会変革】コミュニティーオーガナイジングと社会変革のデザイン


前回のちょっとヘビー(だけど大事)なポスト
コミュニティーオーガナイジング(CO)を紹介してみた。

実は、Greenz.jpのメルマガにCOの
ワークショップが告知さている。

Community Organizing Japanとはまだ繋がりがないんだけど
Greenz.jpとTUPは家族関係なので(勝手にそう思ている?)
みんなにオススメしたくなった。


TUPも、Urban Permaculture Guideプロジェクトも、
Commune Garden Projectも、TUP道場プロジェクトも、
有機的に動く人を横型に組織化することが
大きな課題(デザインチャレンジ)になっている。
お金や権力に頼るのではなく
共通の思いや目的
ニーズを満たし合う関係性でつながるデザイン。

自分で言うのもなんだけど
TUPは良い線いっていると思う。
お金や権力ではない違う引力で
多くの人を引きつけてきた。
義務感でもなく自由に関わって
休みたいときは休んでもらって
でも、着々と活動を進めているし、
結果もちゃんとだしている。

もともと僕が適当にやりはじめた
無謀な実験がこれだけの大人数の
コミュニティーになるとは。。。
希望だね!

 歴史的に社会を大きく変えてきた
ムーブメントと似た様なデザインじゃないかな。

最近は、社会変革のインフラや
ムーブメントに必要な柔軟な組織について
よく考えている。

パーマカルチャーと平和道場や
共生革命家リトリート(非暴力コミュニケーション合宿)は
その世界への挑み。

そこで、日本で広めていきたいテーマが
・NONVIOLENCE 非暴力
・SYSTEMS THINKING システム思考
・COMMUNITY ORGANIZING コミュニティーオーガナイジング

パワフルな平和運動を育てるための
重要な分野・技術・意識だと思っている。
土台を育てるために欠かせない要素。

あ、そうだ、ワークショップの紹介するんだった。
以下、Greenz.jpより
Community Organizing Japanにも他のWS情報があるよ)



1月から6回講座


コミュニティの力を引き出し、ほしい未来をつくるムーブメントにするためには?「コミュニティ・オーガナイジング クラス」1/11(水)開講

上のリンクは記事になっていて、
その一部分を下に引用するね

コミュニティ・オーガナイジングの歴史は古く、マハトマ・ガンジーによるインド独立運動、黒人差別を撤廃を目指したアメリカでの公民権運動といった、大きく社会を変えたムーブメントにその源流があります。

そして現在ではさまざまな国で、地域に根ざした草の根活動や、政策に関わるような市民運動にまで活かされています。

活動の大小に関わらず共通しているのは、一人のリーダーが自分の力ですべてを変えていくわけではなく、ごく普通の人たちが共通の価値観、目的の元に集い、さまざまなコミュニティを形成し、そのコミュニティが大きな力を発揮していくという点です。

そんな社会を変える市民運動の研究を続けているハーバード大学のマーシャル・ガンツ博士という方がいます。30年以上にわたってアメリカ各地での市民運動に関わってきた彼は、市民運動による社会変革「コミュニティ・オーガナイジング」の理論を体系化しました。

2008年の米大統領選ではオバマ氏の選挙キャンペーンのアドバイザーとして参画し、市民が自発的に選挙活動に取り組む草の根運動を展開。結果的に、米国初めての黒人大統領を生み出すことになりました。

そんなガンツ博士の教えを現地で学び、日本でも広めているのがコミュニティ・オーガナイジング・ジャパンの鎌田華乃子さんです!
 (めっちゃ省略)
コミュニティ・オーガナイジングは5つのリーダーシップの要素から構成されています。

1.ストーリーテリング(パブリック・ナラティブ)
2.関係構築
3.チーム構築
4.戦略立案
5.アクション






1。ストーリーテリング(パブリックナラティブ)




4。戦略立案

切りがないので
今日はこの辺で

バイバイキーン
(バイキンマン愛好会)

【戦争と平和】平和運動のこれから


「愛だけが、敵を友人に変えられる唯一の力だ。」


前回のポストで紹介した
元米兵のマイク・ヘインズさん
プレゼンで使ったキング牧師の名言(下)

Those who love peace must learn to organize as effectively as those who love war.
-Martin Luther King Jr.

平和を愛する者は
戦争支持者達と同じくらい
効果的な組織づくりを
身につけなければならない
- キング牧師

ちょっとヘビーだけど読んでみて
上手く書けたか分からないけど
僕の仲間が今もなお戦争で
殺されたり、拷問を受けたり、
戦争孤児になってしまったり、
レープされている。
僕もどうしたらいいか分からないけど、
この状態を放っておくことができない。

戦争は第二次世界大戦後もずっと続いている
米国の植民地化後の日本もずっと加担してきた
最近、戦争への関わりが着々と深まっている
それを感じている日本人は多いと信じたい
さあ、どうする?

この悪夢は無視しても消えないし
ただ平和を祈っていても平和は訪れない
でも、焦ってがむしゃらに活動しても
疲れて絶望してしまう。
戦えば潰されるだろうし、
そもそも平和ではない道を歩んでしまう。
じゃ、どうしたらいいのか?

まずは、一瞬一瞬平和を実践すること
ティクナットハンの言葉で

There is no way to peace,
peace is the way

平和への道はない
平和こそが道だから

非暴力の精神性を日々育てる事が欠かせない
そこに含まれるのが
おかしいこと(不条理)を流さないこと
キング牧師の言葉で

You are not only responsible for what you say,
but also for what you do not say

発言することに責任を持つだけではなく
発言しなかったことにも責任を持たなければいけない

見て見ぬ振りや
見てどうしたらいいか分からないまま
何も発言せず静でいることが
抑圧と暴力の構造を支えてしまっている
だから、声を上げる練習をしよう
今はまだ声を上げても逮捕されない時期だから

そして、強い精神性と共に大事なのが
最初のキング牧師の言葉
しっかりと暴力の構造を
超越できる平和の組織
それを全力で育てていこう
僕たちが体験したこともない
超平和な民主主義社会を実現してみようよ
それ以上に大事なものってある?
今の仕事や社会って目的はなんだっけ?

僕もまだ学び始めているところだけど
平和運動の組織づくりの手がかりになるもの


1。ジーンシャープの本「独裁政権から民主主義へ」 


and ドキュメンタリー




2。コミュニティーオーガナイズ
(以下はCommunity Organizing JapanのHPより)

市民の力で、社会は変わる。

コミュニティ・オーガナイジング(Community Organizing、以下CO)は、市民の力で自分たちの社会を変えていくための方法であり考え方です。

オーガナイジングとは、人々と関係を作り、物語を語り立ち向かう勇気をえて、人々の資源をパワーに変える戦略をもってアクションを起こし、広がりのある組織を作りあげていくことで社会に変化を起こすことです。キング牧師による公民権運動、ガンジーによる独立運動、どれも数えきれないほど多くの人々が参加し、結束することで社会を変えてきました。

そして、普通の市民が立ち上がり、それぞれが持っている力を結集して、コミュニティの力で社会の仕組みを変えていくのが、COです。市民主導で政府、企業などさまざまな関係者を巻き込みながら、自分たちのコミュニティを根本からよくすることを目指します。

COは、「先行き不透明な状況の中、人々が目的を達成できるよう責任を引き受けるリーダーシップ」と言うこともできます。リーダーシップと言うと、カリスマ性のある限られた人にだけ与えられた特別なものと思われがちです。しかし、オーガナイジングでは、人は誰でもリーダーであると考えます。子どもの頃に何度も転びながら自転車の乗り方を覚えたように、行動を起こし、何度も失敗しながら学んでいくのです。

コミュニティー・オーガナイジング・ジャパンより



3。大正デモクラシー
(以下はwikipediaより)

日本で1910年代から1920年代にかけて(概ね大正年間)に起こった、政治・社会・文化の各方面における民主主義の発展、自由主義的な運動、風潮、思潮の総称である。
賀川豊彦についての漫画「劇画 死線を越えて」を読んでから、大正デモクラシーに関心を持ち始めた。

他にも色々あるけど
今、頭に現れたもの
これでスタートしてみよう!




愛の力が、力への愛に打ち勝ったとき、
世界は平和を知る
- ジミヘン

Sunday, November 27, 2016

【戦争と平和】元米兵のマイク・ヘインズ(続アグロエコロジー会議)



前回のポスト【プレゼン】うんこマンとアグロエコロジー会議 PRESENTATION 2016に続き、会議の他の内容もシェアさせてくださいな。

今回のスペシャルゲストは、
元米軍のマイク・ヘインズさん。
僕も全然知らなかったんだけど
久しぶりに胸が騒ぐプレゼンを聞いた。
僕の大学時代は彼みたいな人といっぱい会ってた。


マイク・ヘインズについては以下を読むといいかも。
editor 【元アメリカ兵が高江ヘリパッド反対「人々にとってのテロリストはアメリカ兵だったイラク戦争」「そうした戦争のためのヘリパッド建設に加担する日本の警察官らは高江で何をしているのか」】

 日刊現代【現地ルポ 沖縄で米国の元軍人が「No henoko」と叫んだ】



彼のプレゼン【退役軍人が語る平和 "NO FARM NO PEACE"】






マイクと僕は不思議な縁がある。
彼はアフガニスタンやイラクの侵略戦争に
送られたエリートの兵隊。
僕はそれらの戦争に反対した学生反戦活動家。
僕がアクティビストになったのは
これらの戦争がきっかけになっている。
マイクもこれらの戦争でアクティビストになった。
そして、お互い戦争や軍事帝国アメリカに
反対しながら農という命の活動に関わっている。
不思議 だね〜

僕たちも戦争の犠牲者であるし
戦争に加担してきたし(日本人もだよ〜)
そこから目が覚めて
アクティブな平和活動をすることを
決心した人間。
 みんなもアクティブな平和活動を一緒にしよう!!!
大変だけど、見て見ぬ振りをするのも
結構大変だよ〜

因に彼はVeterans For Peaceという
平和をもとめる退役軍人という団体の一員。
かなりイケテル団体。







他のプレゼンはもっと食糧自給についての
話が中心で日本の取り組みが紹介されていたよ。


詳しくは:日本版アグロエコロジー会議のレポート
(ちょっと堅い感じだけど。。。。)

特にオススメは若手のお話。
フラットに自分たちの楽しい実践を
個性豊かに語っていた。

以下の映像は
海外の盛り上がる事例を佳奈ちゃん、
僕と茜ちゃんが話して、
その後に国内の素敵な実践報告を
アースアーティストの林良樹さんや
イマジン自給道場の柿田祥誉が
話してくれた。

Check it out!