For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Wednesday, March 11, 2015

3.18.2015 京都で共感コミュニケーションWS(アップデート版)

受付の連絡先と企画者からのメッセージを
付足して再告知だよ〜
(今日は2日間のmurmur企画
共感コミュニケーションWSを終えた所。
とっても美しかった。
やっぱり、2日間だと一人一人の
変化がしっかり見えてとっても楽しい。
共感のパワー。
どんどん共感を世の中に拡げて行こう!!!

ーーーーーーーーーー

共感コミュニケーションのワークショップを京都でやるよ〜。
初めての人も、体験者もウェルカム。
誰でも学びがある、体感型のワーク。
自分と共感して、周りと共感してみよう!!!

以下は、潤君が作ってくれた告知文。
受付情報は追ってポストするよ〜。


内容:【共感型コミュニケーションを体感する】

今回は共感型コミュニケーション入門編。初めての方でも気軽に参加できる内容です。
ワークショップでは評価や批判を超えて共感しあう・心から共感することの喜びに気づく・などの対話・体験を共有しながら、あらゆる暮らしの中で実際に使うことができる共感型のコミュニケーションを学んでいきます。

観察、感情、ニーズ、リクエストの4つの段階に分けて、コミュニケーションで起こってくる問題のズレを整理していきます。そして、自分と相手を尊重しながらお互いのニーズを平和的に満たす方法を学んでいきます。


日程:3月18日

時間:19:00~
ワークショップ終了後もちよりご飯


受付の連絡先
yasaikeikaku(a)gmail.com <-(a)を@ (JUN)

場所:風伝館
京都府 京都市京都府京都市上京区大門町253
https://www.facebook.com/pages/風伝館/312701838921405?fref=ts


費用
入場:500縁
ワークショップ参加費:ドネーション(参加費に関しては費用の理念」を一読ください。)
費用の理念:http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html


企画者からのメッセージ

僕が共感型コミュニケーションに参加するようになったきっかけはパートナーとの関係をもっと良いものにしたかったから。
いつもこのパターンで喧嘩してしまう
相手の話を否定的にとらえてしまうなど
長年一緒にいる相手だからこそ陥ってしまうカルマみたいなものを具体的に解決していきたいと思ったからです。

NVC(non violence comunication)として日本でも紹介されている【共感】
相手の感情ではなくニーズに注目するとか、共感をもって話を聞くなど、共感型コミュニケーションに関するメソッドを検索したり、本で読んだりしたものの、頭で理解できても腑に落ちない、実践できない。むしろわかったような態度はパートナーをさらにムカつかせていたかも?

やはり本で読むだけではわからない・はじまらない。
実際にワークに参加してまず感じたのは、「共感してもらえるってすごく気持ちよい」ってこと。
何気ない話を真剣に聞いてもらえる。それだけのことに喜びや安心を受け取れた。
安心して満たされることで僕も共感することができた。しかもこれまた気持ち良い!
共感することでこんなにも満たされて時にはそれが相手へのギフトにもなる。
なんかちょっとだけわかった気がして、最近はできるだけ意識的に共感するようにしてるけど、これもなかなか気持ち良いね。

パートナーとは今でも喧嘩するけど、自分にも相手にも共感できるようになった分前よりそこに奪われるエネルギーや時間、心の傷もいくらかましになったかも。
パートナーとのカルマヨガはまだまだ続きますが、共感ワークはは僕を少しだけピースな近道に案内してくれました。

ワークショップではみなさんと共感を共有して、一緒に共感を体感したいと思っています。よろしくお願いします。

No comments:

Post a Comment