For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Wednesday, July 29, 2015

an an 【第19話】ギャングの巣窟で家を開放するヒーローたち。

マガジンハウスの編集をしていた、
ギフトエコロジーツアーに参加した
あやちゃんのギフトの冒険。

第19話は僕の一押し革命家、
パンチョの話。
僕にはまだほど遠い
深い愛に満ちたガンジー的存在。
今、僕を大きく影響している
愛の革命家。ahimsaを生きる男。

会いに行ける人は超おすすめ!!!
カリフォルニアのオークランドにいるよ。
金曜日、夜19時のメディテーションと
ギフトの晩ご飯からスタートするといいかも。
一緒に住んでいるサムもまた溢れる愛の持ち主。
二人ともギフトの達人でもある。

ツアーの第一話は【第18話】ついにヒッピーになる?!

-------------------------------------------


カリフォルニア州、オークランド東部にあるFruitavale(フルートベール)駅。映画「フルートベール駅で」の舞台になったこの場所では今から6年ほど前、黒人青年が鉄道警官に撃たれて非業の死を迎え、社会問題になりました。ここは不法滞在をするヒスパニック系の移民やギャングが多く住み、物騒な事件が頻繁に報道されている貧困地域。そんな街であえて鍵をかけず、家を開放して生活している2人の男性がいるというのです。今回のギフトエコロジーツアーでは、3日間そちらで寝食を共にさせてもらうことに。しかも宿泊場所や食事の提供は彼らからのギフト(無償提供)です。ツアー前に最も興味をひかれた場所だったのですが、サンフランシスコの部屋の家主からは「アヤのiPhoneと財布を盗んだヤツが住んでいるような街だよ」と釘をさされ、好奇心とともに警戒心も全開で訪ねたのでした。


カサデパズとは?

駅から歩いて15分ほどのところにある“Casa de Paz”(カサデパズ、スペイン語で“平和の家”の意)。“カンティクルファーム”という農場つきの共同集落にあるレモンイエロー色の可愛い一軒家です。ここは、オーガニックフルーツや野菜、ミツバチや美しい花がいっぱいの豊かな庭を中心に、数軒の家が立ち並ぶコミュニティ。中でもカサデパズは誰でも入れるようにとドアを施錠せず、門戸を開放しています。柔らかな風に揺られて美しい音色を奏でるウィンドチャイム。そんな透明でピースな空気が広がる気持ちのよい空間のため、思わず「本当に危ない地域なの?」と感じますが、カサデパズのある通りは4つの大きなギャングの縄張りの中。近所の家には泥棒避けの鉄格子が何重にもかかっており、壁には落書き、道端のゴミも見かけます。
カサデパズに住むのは、パンチョとサムという2人の男性です。パンチョは奨学金を全額獲得し、名門UCバークレーで宇宙物理学を学んでいたエリート。でも大学院に進んで博士号を取ることよりも、もっと意義のあることがしたいと退学し、カサデパズでの活動をスタートしました。いっぽうサムは、“グリーンハウスミュージアム”というオンライン美術館で、環境アート(自然との共生、環境問題などをテーマに、芸術の力で社会を動かしていく。絵画や写真、彫刻などだけではなく、野外でのアート作品や演劇と結合させるなど、さまざまな表現法がある)活動やアーティスト、コミュニティ支援をしていました。けれども、パンチョのギフトエコロジーに基づく生き方に感銘を受け、すべてを処分してカサデパズに来たといいます。現在彼らは毎週金曜日にカサデパズを訪ねた人全員に瞑想と、農場でのボランティア活動などで得たオーガニックの野菜やフルーツをふんだんに使ったヴィーガン料理を無料で提供しています。

彼らは今本当に幸せなのか?

続きはここ

2 comments:

  1. とてもインスパイアリングな記事をシェアしてくださり有り難うございます。私は14年間海外でボランティア活動をし帰国しこれからのことを考えていたグッドタイミングでこの記事に出会いとてもわくわくしました。バンチョさん、サムさん、サンフランシスコのツリーさんに会いたくなりました。海さん、詳細な情報をお持ちでしたらシェアしていただけないでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。by 山田あかし

    ReplyDelete
  2. 彼らが住んでいるのはCaliforniaのOaklandのFruitvale. 家の名前はCasa De Paz. 金曜日の午後に瞑想会とご飯の奉仕を行っているよ。詳細はhttp://www.awakin.org/local/oakland/

    ReplyDelete