For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Thursday, November 20, 2014

11.28.2014(金) 京都でアーバンパーマカルチャーのWS

26日から29日まで京都に行くよ〜
26日は関西学院大学と京都造形大学で学生向けにWS。
27日はImpact HUB関係者へのプレゼンとディスカッション。
28日は緑の党主催のワークショップ。
29日は調整中。

以下は28日の告知でーす!

ソーヤー海くんのアーバンパーマカルチャー入門ワークショップ」


共生革命家・ソーヤー海くんが京都へ!!

「アーバンパーマカルチャー」ってなんか気になる!共生革命家って何者!?一度会ったけど進化した海くんにまた会いたい!という方など、などぜひぜひご参加ください〜。

海くんはパーマーカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、システム思考、ユースのエンパワーメントなどを活動の軸とし、東京から世界へとサステナブル(持続可能な/共生)社会を育むための実験と実践を行っています。

海くんのワークショップを通して、みんなが足元から実践できる愛と平和のある社会づくりのヒントを、一緒に見つけることができることを願っています。海くんのワークショップでは気づき、共感、感動、そしてユーモアたっぷりです(笑)。

参加者みんなを巻き込みながら、ポジティブな気持ちに導いてくれる素敵な海くんのトークをぜひ聞きにきてくださいね。



【アーバンパーマカルチャーって?】
パーマカルチャーとは、1970年代にオーストラリアで生まれた「Permanent(永続的な)」と「culture(文化)」をあわせた造語で、持続可能な生活・文化・社会のシステムをデザインする知恵のこと。ポートランドを始め世界各地に広がっています。
環境問題をはじめ現代の社会問題の原因の多くは都市にあります。でも、パーマカルチャーには「Problem is Solution/課題あるところに解決がある」という言葉があるように、都会にこそ多くの可能性の芽があると思っています。パーマカルチャーの考え方を都会の自然、人間、街との関係にも応用することで、都会から日本と世界を変えていくことを目指しています。アーバンパーマカルチャーはいわば、都会再生運動です。


【共生革命家・ソーヤー海くんって?】
東京アーバンパーマカルチャー創始者。1983年東京生まれ、新潟、ハワイ、大阪、カリフォルニア育ち。カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校で心理学、有機農法を実践的に学ぶ。2004年よりサステナビリティーの研究と活動を始め、同大学で「持続可能な生活の教育法」のコースを主催、講師を務める。元東京大学大学院生。パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション、禅、ファシリテーションのワークショップを行ったり、気候変動活動x若者のエンパワーメントを海外からの依頼・支援を受けながら楽しく活動している。自称活動オタク。より愛と平和のある社会を自分の生活で実践しながら、社会に広めている。

さらなるプロフィール・TUPについてはこちら↓↓

海くんはアーバンパーマカルチャーのガイド本出版のためのクラウドファンディング中です♪


【参加費】
海くんの理念で「ドネーション」でお願いしています。
ドネーション(恩送り/ペイ・フォワード):人々が互いを思いやり、支えあう世界を作る為。皆さまの心からのドネーションをお願いします。
初めての方は「費用の理念」をご一読ください。

「費用の理念」


【日時】
11月28日(金曜日)
19:00 スタート
21:00 終了


【場所】
かぜのね 多目的スペース
住所:京都市左京区田中下柳町7-2


【定員】
30名(要予約)


【予約申し込み】
お名前、連絡先、メールアドレスをご明記の上、下記アドレスへ送信願います。
greens.kyoto.2014(a)gmail.com  <- (a) を@に

Facebookをご利用の方はイベントページで参加表明頂くだけで構いません。

No comments:

Post a Comment