For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Thursday, November 15, 2018

【スタッフ募集】ブランズフィールド2019年度

近くの素敵なブラウンズフィールドが
スタッフを募集しはじめたよ

技術と自信を上げたい人は、超オススメ!

僕も、こういう場所で腕を磨いてきた

残念ながらTUPは雇用をしてないけど
助けて欲しい仕事はいっぱいある!!!
いいひとお探し中

以下、ブラウンズフィールドより



【来年度!新スタッフ募集!】
いよいよ2019年に向け、ブラウンズフィールド新体制です!!
2018年度も年末にさしかかり、今年で、サグラダ・コミンカを担当してくれていたてっちゃん。農スタッフのニッシー。慈慈の邸を担当していたわたるくんが卒業します。
そして来年度、一緒にブラウンズフィールドを盛り上げてくれる新スタッフの募集を開始いたします!!
ここでの暮らし、運営、また自然との関わり。ここで学べることはきっとたくさん。
そんなブラウンズフィールドに携わってくださる方にぜひ応募いただければ幸いです。
今回の募集は長期、中期、短期とさまざまな期間でのご応募が可能です。
詳細はHPにて。
下記URLからでも。是非是非チェックしてみてください。
良きご縁が繋がることを楽しみにしています○


以下、慈慈の邸スタッフ わたる君より一言。
その他のセクションスタッフからの一言はまた近日中にUPします!!
**********************
ブラウンズフィールドは学校です。
大人の学び舎、なんて言うといい感じに笑。
ブラウンズフィールドは会社という形をとっていて、表向きにはカフェ、宿泊などを経営、イベントやワークショップを開催、出店やネット販売なんかもしちゃうなんでも屋さん。他の会社と同じように仕事があり、お金があり、またしっかりと忙しいです。
でも、ここに長期スタッフとして関わってくれる方には、学び舎である。ということを忘れず、また楽しめる方にぜひきていただきたいなと思っています。
慈慈の邸での基本業務は割と地味です。
あくまでも主役はお客さん。裏方はひっそりと、またサクサクと仕事をしなければなりません。内容も掃除や洗濯など、簡単に言ってしまえばつまらない仕事なのかも。
でも、日常には気づきがあります。とても些細な、取るに足らないことかもしれないけど、それでもとても大事な気づきがある、と僕は思っています。
毎日はせわしなく過ぎ去り、日々忙殺されてしまいがちですが、繰り返しのルーチンでちょっとした違いに気づく。
”あ、初霜がおりてる。そろそろ毛布出さなきゃ”とか、”去年よりこの柱が少し朽ちてきてるな”とか、”雨が降ってる。けど、雨音が梅雨とまた違う秋の音”なんて。もちろん単純に”今日はあったかくて外作業気持ちいいー”とかも。
虫が変わったり、空気が変わったり、色が変わったり。見落としがちな変化に気づけるのは日々のルーチンのおかげ。繰り返しがあると、そこからこぼれる”何か”に気づけると思うから。
こういう地味な仕事(僕はこの地味って言葉好きなんです。地の味なんて素敵じゃないですか?笑)を楽しめる方が慈慈の邸スタッフには向いてるなーなんて思っています。
あと、慈慈の邸はとても小さな宿です。1日3組さままで、そしてもちろんブラウンズフィールドに興味を持って来てくださる方ばかり。お客さんとの距離もとても近いです。そんな共有する部分を持つお客さんとの関わりも楽しんでもらえるかなと思います。
しかもブラウンズフィールドではこのメインの仕事以外にも、農作業、保存食作りなどの季節仕事、出店とかのお手伝い、なんてプラスで楽しめ、勉強できる場があるなんて。ほんと贅沢な場だなと思います。改めてこの場を作っているデコさんとスタッフに感謝するとともに、新しく来る方には全力でオススメします。
さて、
だらだらと長く書いてしまいましたが、簡潔にいうと【なんでも楽しめる方大募集!】てことです笑。
もし少しでもピンときた方がいらしたら一度ご連絡ください。生活面の不安なところ、仕事の不明なところ、気持ちが追いつかないところ、なんでも言ってもらえるとありがたいです。ちょっとでもクリアに、そして前向きに応募してもらえますように。よろしくお願いします○
最後に、
今回、慈慈の邸スタッフとして募集するのは男子に限定させていただきました。もし女性でご希望の方いたら本当にごめんなさい。
やはり、お庭の手入れや外仕事、また布団の管理など、まだまだ力仕事がたくさんある中でやはり男性の力が欲しいと思い、今回はこんな形で募集させていただきました。ご理解いただけると幸いです。
みなさんのご応募、お待ちしています。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました○
慈慈の邸 担当
大野 航

No comments:

Post a Comment