For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Monday, November 6, 2017

【イベント】11.18-19 EARTHSHIP アースシップの無料ワークショップ@徳島

マネージャーのレミちゃんから聞いた情報



僕もアースシップやマイケル(革命家)の話はずっと聞いてきたけど、まだお目にかかるチャンスが訪れてない。行きたいけどここはベイビー優先じゃな(まだ産まれてない)。

かなり面白い哲学と建築アプローチだと思う。
しかも無料!WOW!!! 先着150名

クラウドファンディングでアースシップを作る資金を集めているみたい。
Readyfor 徳島県美馬市に、自給自足できる家 『EarthShip』を建設したい!



EARTHSHIPってこんな感じ


The Hive 
ニューメキシコ州にあるEarthship Biotechtureの
研修生、ボランティア、社員のための家。


仕組み(エネルギーと資源の循環)

 

身の回りにある廃材(ゴミ資源)を活用することが基本
タイヤを再利用したイメージが強い
上の家はタイヤの基礎に空き瓶の壁が美しくできている 




以下GREENZ.jpより

徳島県の美馬市という山間部に住むグリーンズピープルの倉科智子と申します!

今この山間にEarthshipという電気水道ガスを自然エネルギーで活用し、食べるものも育てるオフグリッドハウスをゲストハウスとして建てるということを進めています。
Earthshipとは

Earthshipは、廃材やその地域で手にはいる資材を使うことで、外部エネルギーから完全に自立した究極のオフグリッドハウスです。これを1970年代より提唱しつづけてきたのが建築家マイケル レイノルズ氏です。
初来日!

ニューメキシコ州タオスにて大勢の野心家たちと共に自らが築いた、いくつかのアースシップタウンをベースに今なお世界中を駆け巡り「住まいの未来」を建て続ける、地球人類の「永続可能性」(サスティナビリティー)の極限に挑む最重要人物・建築家マイケル レイノルズ氏が超多忙なスケジュールの中なんと今回初来日します。
Earthshipを日本でも

このEarthshipを日本の風土や徳島の気候、地域性を活かしたカタチで建設し、建設の際もワークショップ形式で色々な方が滞在しながら学べる場にする計画です。地域の方達も協力してくださっており、建設の際は地域の大工さんたちにも関わってもらい技術を教えていただきます。2日間のイベントで、開催場所は建設予定の土地の近くの元は木造の山の子供が通う小学校をリノベーションした宿泊施設「山人の里」という場所です。

1泊2日での参加者もおられ、すでに伊豆や千葉、熊本などから参加宿泊予約が入り始めています。

講演会では、Earthshipの仕組みと可能性について余すことなく語っていただきます。
当日は通訳がつきます。
スケジュール詳細

11月18日(土)
12:00 受付開始、会場(全席自由)
13:00〜17:00 マイケル レイノルズ氏講演会
17:30〜 第2部 マイケル氏を囲んでWelcome Party(参加費:1人1,500円※飲食代含)

11月19日(日)
10:00〜15:00 ワークショップ
マイケル レイノルズ氏レクチャーのもと、Earthship建設予定地(前日の講演会会場から徒歩圏内)にてタイヤワークショップを開催します。多くのEarthshipの基礎部分として使用されている、古いタイヤに土を詰めてハンマーでたたき固めていく工程を体験します。

詳細と申し込みはGREENZ.JPの記事で 

No comments:

Post a Comment