For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Tuesday, October 6, 2015

マークレイクマン(City Repair)の映像とイベントレポート!

マークレイクマンと市民の革命シティリペア

西村さんが撮ってくれた映像が
アップされたよ〜
記事にもまとめてくれた。
感謝感謝。

マークは天才だと思う。


沢山苦労もしているけど。。。
コミュニティーと運動創りの魔術師。

是非見て、学べる事は沢山。
そして動こう!!!

どんどん広めてね。

DAY 1 Cloud Government Lab
レポートと前半+後半の映像

*サステナ・ライフ: 市民自治による地方創生シンポ@第1回革命のレシピ取材撮影記録
http://www.blog-headline.jp/sustena/2015/09/post_115.html

前半の映像(残りは上のリンクで)


DAY 2 自由大学
レポートとプレゼン+ワークショップの映像

*サステナ・ライフ: 「みんなの街」をデザインする from ポートランド@自由大学:動画撮影記録
http://www.blog-headline.jp/sustena/2015/10/_from.html


プレゼンの映像(ワークショップの映像などは上のリンクで)



シティリペア (City Repair)についてもっと知りたい方は
Mark Lakemanとは
マーク・レイクマンはアメリカの非営利の場づくり組織”The City Repair Project”の共同創業者です。彼はコミュニティー建築と計画事務所である”Communitecture”社を創業した代表者で、さらに、最近では、Planet Repair Instituteの共同創始者でもあります。

これら3つの斬新な取り組みは、オレゴン州ポートランド市を拠点にして行われています。

マークは、市民生活のすべてのスケールを対象に、都市の場づくり創出者であり、パーマカルチャーデザイナーです。

彼はコミュニティーデザインのファシリテイターであり、世界中の持続可能な文化的ランドスケープを出現に、大変強いコミットメントをもった献身的な(促進者)です。

彼がかかわったすべてのデザインプロジェクトには、人類やエコロジカルコミュニティへの有益なビジョンの発展促進が含まれています。

アーバンデザイン、場づくり、エコロジカル建築、パブリックアートなどが含まれていることもいないこともありますが、これらはコミュニティ内でのやりとりを力づけます。

マークはどのような人や団体に対してでも、その本当のニーズに献身的にサポートすることを心に決めています。

マークのリーダーシップは、City Repair Projects が進行中であるロサンジェルス、ニューヨーク、シアトル、クリーブランド、カナダの多数の都市など北アメリカ大陸で発揮されています。マークのプロジェクトについては、ソトコト、Dwell、 Architecture Magazine、 New Village Journal、 Yes magazine、 The Utne Reade、Permaculture Activistなど多くのメディアに広く取り上げられています。

Dignity Village(アメリカ合衆国で初の、ホームレスによるホームレスの為の、自力で開発したパーマネントコミュニティの)を創った功績に対して、公共性ある建築と計画国際組織委員会が主催するthe United States' National Lewis Mumford賞をマークは受賞しています。

No comments:

Post a Comment