For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Tuesday, May 7, 2019

【マインドフルネス】2019年富士山リトリートでとったノート

マインドフルネス富士山リトリートで
心に残った言葉をシェアしたい

通訳だからあまりノートを取る余裕がないんだけど
マインドフルネスはエネルギーだから
それはたっぷり取り入れられた

とくに通訳をしているときに心がけているのは
言葉の選び方とともに
自分が発しているエネルギー

お坊さんやあまさんの言葉とエネルギーを
しっかり受け取りながら
その瞬間に現れる一番美しい
言葉とエネルギーを体から出すようにしている

ベストな言葉が見つからなくっても
マインドフルネス、やさしさ、思いやりを
できるかぎり大切にしながら
(とくに自分へ)
通訳をマインドフルネスの「実践」として
やらせてもらっている

ありがとう〜


【今回の短いノート】 


マインドフルネスの第一の実践は
まず自分の世話(care)をすること



pain is not suffering
痛みは必ずしも苦しみではない

suffering is something we cannot handle
苦しみは自分が(そのとき)扱えないもの
(受け入れられないもの)





美しくありなさい

自分らしくありなさい



【トイレのめいそう】

トイレに入ったら
そこにガータ(短い詩)が貼られていた


おしっこをしながら
「怒りに微笑む」 というガータを
読むのはなかなかディープなトイレタイム
(どっちに集中したらいいのか分からないけど)

息を吸いながら 怒りを感じる
息を吐きながら 微笑む
呼吸に気づき続ければ
自分を見失うことはない

SO DEEP

SO WONDERFUL



「お手洗いで」

不潔と清潔 増と減
どちらの思いも心しだい
あらゆるものはインタービーイング
この真実のまさるものなし


洗面器の前にも


「蛇口をひねる」
高い山から涌きいで
大智のそこを流れる
奇跡の水に
心は感謝で満たされる

日々、あたりまえにやっていることが
マインドフルネスの実践のチャンス
実践すると、一瞬一瞬の深み
そして喜びが増す感じがする

いまここの奇跡とつながろう





呼吸しよう

あなたは生きている

No comments:

Post a Comment