For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Friday, August 25, 2017

カイルの伝統技術の講座 三ツ紐伐り、はつり、木造軸組

パーマカルチャー仲間のカイルが
新拠点、岡山での面白いWSを開催するよ。
技術が欲しい方はGo!

カイルやカイルの周りにいる人は本物!
日本の伝統技術を海外の人から学ぶのも
なかなか面白い体験だよ
本質と気楽さの世界

1。9月9−10 三ツ紐伐り はつり 実演・体験ワークショップ

2。 10月21日−28日 フォックスメープル国際木造軸組み講座

日本の伝統を知るべし
三ツ紐伐り はつり 実演・体験ワークショップ

日程: 9月9日(土)-10日(日)
場所: パーマカルチャーセンター上籾
岡山県久米郡久米南町上籾863

内容: ・1日目 三ツ紐伐り 丸太の墨付け

 

チェーンソーのない時代に木はどうやって倒したのでしょうか?今回のワークショップでは、昔から日本各地で行われている三ツ紐伐りという伐採方法を学びます。斧を使って、チェーンソーより安全に木を倒せるそうです。丸太の芯を出して、はつりの準備をします。

・2日目 斫り(はつり) で丸太を加工します



鉞(まさかり)でおおよその形にしてから釿(ちょうな)で仕上げます。

講師: ジョン・ストーレンマイヤー氏(Jon Stollenmeyer)

www.somacousha.com

米国ウィスコンシン州に生まれ、オハイオ州立大学で建築を学ぶ

2010~2013年 京都府京都市中村外二工務店(数奇屋建築)で勤務

2013年~現在 杣耕社(伝統工法、手刻み、石場立て)で勤務


霜田 真治氏

岡山県倉敷市に生まれ
大工暦20年
玉野市石井建築(数奇屋建築)で8年間勤務
2010年に独立


言語: 日本語と英語


参加費:*見学のみの参加も可能です。その場合も同様の参加費を頂きます。

一日だけ¥3,000(食事別)

二日間¥5,000(宿泊・食事別)

宿泊・食事もご用意できます。希望される方はご連絡ください。


問い合わせ・申し込み:PermacultureKamimomi(a)gmail.com


応援団体: 東京アーバンパーマカルチャー、NPO法人エコロジー・アーキスケープ、日本ストローベイルハウス研究会



フォックスメープル国際木造軸組み講座 10月21日ー28日


日程: 10月21日(土)-28日(土)

場所: パーマカルチャーセンター上籾

岡山県久米郡久米南町上籾863

内容: 木造軸組みに関する座学と実習

デザイン、石の据え、木造の墨付け、手刻み、建て方

講師: スティーブ・チャッペル氏

http://www.foxmaple.com

1975年に米国メイン州にてフォックスメープルを設立

35年間以上に世界各地にて木造軸組みのデザインと施工を指導

本の著者:

“A Timber Framer's Workshop”「木造軸組み講座」

“ADVANCED Timber Framing”「アドバンスド木造軸組み」

“Joiners' Quarterly, The Journal of Timber Framing & Traditional Building”

「伝統軸組み建築」業界誌の編集長・設立者

言語: 英語と日本語

参加費:¥200,000*(授業料、宿泊・食事込み)
*金銭的な理由で参加できない人は相談してください。

応募者の経済状況により、ある程度対応が可能なので、一度ご相談ください。

宿泊先 素敵な古民家ゲストハウス

食事 なるべく無農薬食材を使った美味しい料理


問い合わせ・申し込み:PermacultureKamimomi(a)gmail.com



応援団体:

東京アーバンパーマカルチャー

NPO法人エコロジー・アーキスケープ

日本ストローベイルハウス研究会


10月29日(日)にはつろう会(日本の伝統はつり大会)を企画中

No comments:

Post a Comment