For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Wednesday, March 19, 2014

3.25.14 (火) バーニングマン、創作的文化活動、ギフトエコノミー

久しぶりのOne Kitchenでバーニングマンを中心に
ギフトエコノミーや自由な自己表現、実験的な文化に
ついて話/WSを行うよ。

パーマカルチャーとの繋がりはと言うと
創作的文化活動っていう点かな?
新しい文化を実験しながら作って、
「成功」を目指すよりも、可能性を探る事に力が入っている。
抑圧的ではない人間関係、
一人一人の可能性を最大限に引き出し
みなが自由に楽しく生きられる文化を追究しているところも
パーマカルチャーと繋がっていると思う。

特に、バーニングマンのギフトエコノミーは凄い!
与え合いの経済。

One Kitchenのオーナーたくや君の友達の高橋哲平君も
誘って、バーニングマンの映像や写真も見せたりトークしたり。

一緒に今後の文化の可能性をバーニングマンのお話を
通して妄想してみよう。

***3月24日の付け足し***
去年参加したバーニングマンの体験を通して、
創造的文化活動やギフトエコノミーについて話して、
ちょっとしたギフトエコノミーWSを行おうと思う。
(実は僕のワークショップは殆どギフトエコノミーを実践しているつもり)

僕のパッションはこれからの文化を創作すること。
僕はどんな地球で生きたいのか?
それをどのようにすれば実現できるのか?
どういうところで刺激とインスピレーションを受けられるのか?
そんな事をいつも考えている。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション、禅、アクティビズム、
そしてバーニングマンはそういう流れで出会ってきた。

バーニングマンは本当に特殊な経験だったと思う。
エッジを追究したド派手なフェス。
でも、そこには今の人類が必要としていることが沢山あると感じた。
与え合いを軸とした経済・コミュニティ。
個々の多様性を受け入れる自己表現を促す文化。
数週間の間に現れ消え去る無常の砂漠都市。
などなど様々な面白い要素が凝縮され参加者を刺激する。

ついでに、コスタリカのジャングル生活の関連した話も混ぜ込むかも。


ウィキペディアより(一部省略):

バーニング・マンは、アメリカ北西部の人里離れた荒野で年に一度、約一週間に渡って開催される。各参加者は、この「プラーヤ」(Playa)と呼ばれる何もない塩類平原en)に街を作り上げ、新たに出会った隣人たちと共同生活を営み、そこで自分を表現しながら生き抜く。そして一週間後、すべてを無に還す。この実験的な地域社会は、みずからを架空の都市「ブラックロック・シティ」(Black Rock City, BRC)と呼称している。  バーニング・マンという名称は、土曜日の深夜、街の象徴として場の中心に立ち続けていた人型の造形物「ザ・マン」(The Man)に火を放ち(burn)、それを完全に焼却することに由来する。

会場は、外部の世界から地形学的にほぼ遮断されており、電気、上下水道、電話、ガス、ガソリンスタンドなどの生活基盤は整備されておらず、一般のテレビ・ラジオ放送、携帯電話などもサービス提供範囲外となる。 売店や屋台、食堂なども一切ない。主催者側が用意するのは、自然環境保護のため必要とされる仮設トイレ群と食料の鮮度を維持するための氷のみである。したがって、バーナー(参加者たちの自称。「燃やす者」の意)は、水、食料、衣類、住居、燃料など、自らの生存のため必要とするもの全てを、自らの責任において事前に準備しなければならない。

ブラックロック・シティの「市民」たる各参加者は、思い思いの場所に自らの手で設営したテントやキャンピングカーを家とし、他者と出会い、新規に友人を作り、交遊し、問題を解決し、コミュニティを形成する。この劣悪な自然環境下で生きていくためには、おのずから隣人たちと助け合う必要に迫られるのである。ここでは貨幣経済や商行為は忌むべきものとされており、明確に禁止されている。見返りを求めない「贈り物経済」(Gift economy)と、なによりも「親切なこころ」が共同体を成立させている(物々交換や、物とサービスの交換は推奨されていない)。 その広大な会場の各所には、参加者の手で大小多数のアート・インスタレーションが設置され、昼夜を問わず、会場の至るところで多種多様な活動が実行に移されている。

【一品(気)持ち寄りディナー】<ーまさにギフト経済
みんなで集まるので持ち寄りディナーにしたいと思ってる。「持ち寄り」はコミュニティー作りにとても役立つ行事。みんなが何かをシェアできる場がうまれる。できれば一品作ったもの(買ってもOK)を持ってきてね料理には自分の価値観、アイデンティティー、愛などが含まれている。それらが込められたものを他者にプレゼントすることによって、信頼、繋がり、喜びなどが育まれくると毎回感じる。

【参加費】
始めての方は費用の理念を読んでね。
今までみんなのサポートがあって活動を続けられている。
大感謝!

【日時】
3月25日(火曜日)
19:00オープン
19:20プレゼン・スタート
*その後からワイワイ持ち寄りご飯パーティーだよ

【場所】
四谷のOne Kitchen

No comments:

Post a Comment