For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Monday, December 1, 2014

12.19.2014 ソーヤー海×冨田貴史ワークショップ~対立と競争の世界から共感と共生の世界へ~

遂に、僕がリスペクとしている日本の若者活動家
冨田貴史君とコラボをするよ〜
彼は、僕と似た世界観と波長で
よりみんなが大事にされる社会を作ろうとしている。
今回は記念すべき最初のビッグステップ!

ワークショップの後、戸塚のカフェデラ寺で
一緒にキャンドルナイトに出演予定。

以下は
https://www.facebook.com/events/576092302537631/?ref_dashboard_filter=calendar
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


12月19日(金)
『ソーヤー海×冨田貴史ワークショップ~対立と競争の世界から共感と共生の世界へ~』

時間:10時~16時

会場:南北酒家チャランケ
 世田谷区上馬5-9-24/
 田園都市線「駒沢大学」駅から徒歩13分

参加費:3000円+オーダー

ナビゲーター:
ソーヤー海 
 (共生革命家/TOKYO URBAN PARMACULTURE)
冨田貴史 
 (冨貴工房/海旅camp)

競争や対立の世界から共感、共生の世界へ。
そのために大事なことは、教育やメディアから刷り込まれた価値観・世界観を外していくこと。
本来の自分に心地よくフィットする価値観・世界観を取り戻すこと、思い出すこと。
軍国主義、占領政策、日本弱体化計画、グローバリズムなどの根底にある、
「従順であれ」「無力であれ」「自立するな」「自給するな」といったパワーと、
そのパワーに屈するメンタルを作る刷り込み。
そこを外す鍵が「非暴力コミュニケーション/共感的コミュニケーション」にあります。
そして「世界は常に調和している。物事に善悪はなくエネルギーの違いがあるだけ」という世界観を元にした
易経を土台にした陰陽理論は東洋医学、マクロビオティック、東洋的平和思想の根幹です。
日本の環境活動・平和活動の中に巣食う自己犠牲的イメージ、大変そうなイメージを、
善悪二元論を超えた明るくポジティブで希望に満ちたものに塗り替えていくきっかけを、
みなさんと分かち合えたらと願っています。

・タイムテーブル(当日の状況で多少変更するかもしれません)

10時~10時半 ソーヤー海×冨田貴史ミニトークセッション

10時半~12時半 「共感型コミュニケーション・ワークショップ」 byソーヤー海

12時半~13時半 ランチ

13時半~15時半 「陰陽で見る心身と宇宙の調和と養生」 by冨田貴史

15時半~16時 クロージング


・プロフィール:


ソーヤー海
東京アーバンパーマカルチャー創始者。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション、禅、ファシリテーションのワークショップを行ったり、
気候変動活動x若者のエンパワーメントを海外からの依頼・支援を受けながら楽しく活動している。
より愛と平和のある社会を自分の生活で実践しながら、社会に広めている。
http://tokyourbanpermaculture. blogspot.jp/p/tup-kai.html


冨田貴史
大阪中津にて、茜染め、麻褌、鉄火味噌など養生のための衣食を自給する冨貴工房を営みながら、
全国各地で年間300本以上のイベント・ワークショップを続けている。
ワークショップのテーマは、暦、エネルギー、手仕事、養生など。
『母笑み疎開保養大作戦〜海旅Camp2013』共同代表。海旅団代表代行。
http://takafumitomita.blogspot.jp/


問い合わせ・参加申し込み
・南北酒家チャランケ
03-5877-8724
charanke.tokyo(a)gmail.com・冨田貴史
080-6947-2491
takafumitomita1320(a)yahoo.co.jp

No comments:

Post a Comment